初の掲載レシピはこのブログを始める決定的な後押しになった抹茶ティラミス です。
あまりにもよくレシピを聞かれるので、日本語とフランス語版レシピをシェアします。

甘さ控えめだけど濃厚なマスカルポーネのクリームが、香りたつ抹茶香と混ざりあってなんともいえないハーモニーを生み出し、キャラメルソースの隠し味が、抹茶の味わいをひきたてます!

フランス人の心をわしづかみにする事、間違いなし!

– 抹茶ティラミス –
材料 : 約6人分
● 新鮮な卵 2個
● マスカルポーネ 250g
● 砂糖(三温糖がオススメ)  30g
● フィンガービスケット 20本
● キャラメルソース 小さじ1
● 抹茶ミルク液
– 抹茶 小さじ 2
– お湯 40ml
– 牛乳 140ml

1. 抹茶ミルク液を準備

●フィンガービスケットが浸せる大きめのお皿を用意。
茶漉しでふるいにかけた抹茶にお湯を注ぎ、茶せんか泡立て器よく溶かし、抹茶がダマなく溶けきれば牛乳を加え、よく混ぜあわせておく。

●1液にさっと浸したフィンガービスケットを、ティラミスを冷やし固める別容器に敷きつめ、一層目を作ります。
注意: ビスケットを液に浸しすぎると、めにょめにょに溶けてしまいます。

2. マスカルポーネクリームの準備

白身と黄身を2つのボールに分け、
●白身のボールはよく泡立ててメレンゲ状にし、砂糖5gを加えます。

●黄身のボールは砂糖20gをよく混ぜ、マスカルポーネ、
キャラメルソースを加え泡立て器でよく混ぜます。

●黄身のボールにメレンゲを2~3回に分けて加え、
泡を壊さないようにヘラでそっと混ぜあわせます。

3.ビスケットとクリームを交互に重ねる。

一層目のフィンガービスケットの上に、2のクリームをかぶせ、
その上に、二層目の抹茶ミルクにさっと浸したフィンガービスケットをのせ、
さらにクリームをかぶせる。(合計は四層になります。)

4.仕上げ

冷蔵庫で3時間以上冷やし固め、
食べる直前に抹茶(分量外)を茶漉しで振りかけ、とりわけます。

DSC02514

※ ここでは、フィンガービスケットはBoudoirs(ブドワール)というフランスのビスケットを使用してます。なければ、スポンジ生地でも代用可能かと思います。

DSC04008

Advertisements