大好きなリゾットを家でも食べたいと作りだしたら、意外と簡単!
こだわるならリゾット専用米を使うと最高に美味しいですが、日本米を使ってもちょっとしたコツと火の通し加減で美味しく出来ます!
アレンジレシピはゆくゆく書いていくことにして、まずは基本のパルメザンリゾットのレシピを紹介します。

材料: 4人分

水 800ml
コンソメ 11g (日本の固形コンソメなら2個)
*エシャロット 2個
生米(洗わないこと) 200g
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 50ml
バター 20g
パルメザンチーズ(すりおろす) 40g

作り方

鍋に800mlのお湯を沸かし、コンソメを溶かしブイヨンを準備しておく。

温めたフライパンにオリーブオイルをひき、エシャロット(または玉ねぎ半個)を入れ、2分程度炒める。そこに洗わないままの生米を投入し米全体に油が染み込むまで、木ベラで混ぜながらよく炒める。

洗わない米を使う理由 : 洗米時に米が水分を吸ってしまい粘りがでてしまいます。
また、米が熱くなるまでしっかり炒める事で米粒の表面が油でコーティングされ、プチプチした食感に仕上がります。

油分が浸透し米の色が変わってくれば白ワインを注ぎ、炒めた米に浸透させる。
白ワインの水分がなくなれば、お玉2杯分ずつコンソメを溶かしたブイヨンをフライパンに注ぎ、木ベラでかき混ぜながら、米にブイヨンを浸透させていく。

DSC08809
水分が無くなってくればブイヨンを継ぎ足し、木ベラで全体をかき混ぜるという作業を、米が好みの硬さになるまで続ける。
私の好みの硬さはブイヨンを加え始めてから15分ぐらい加熱を続け、ブイヨンは合計700ml使用(100mlぐらいは余る。)した頃です。
使用する米の吸水率や火加減によるので、味見をしつつ調整してくださいね。

 

米が好みの硬さになれば火を止め、仕上げにバターとすりおろしたチーズを加え、よく混ぜます。
パセリのみじん切りや松の実などを散らして、熱々のうちに召し上がれ!

メモ :
*エシャロット 2個は玉ねぎ半分で代用出来ますが、、、エシャロットを使った方が断然美味しいです。

フランスで米を入手する場合:
Riz superfino arborio, Riz rond de Camargue, Riz noir Italien がオススメです!

Advertisements