高いお金を出せば、美味しいレストランはたくさんありますが、関西出身な私は安くておいしいものが食べられるお店に目がありません。
高架下、商店街を路地裏に抜けた年季の入った店構えで商売っ気のないお店など、美味しそうな匂いがぷんぷんして、好奇心を試さずにはいられない性質です。
日本に住んでいた時は屋台や立ち飲み(椅子は必要ですけどもね)も好きでした。
実は花の都、パリにだって、そんな空間があるんですよ。

その名をマルシェ・デ・アンファン・ルージュ(アンファンルージュ市場)といいます。

野菜や果物、魚介、ハム、ソーセージ、パン、チーズにワインと普通のマルシェ機能もありつつ、モロッコ料理、レバノン料理、イタリア料理、スリランカ料理、カリブ料理 etc.と世界の料理のスタンドがあり、その場でも食べられるんです。日本人経営のお弁当屋さんまであるんですよ。目移りして何を食べようかなかなか決まりません。

DSC05571

「どうしよう、どうしよう?」と言いながら優柔不断女子二人でマルシェをぐるぐる歩き回って、最終はイタリア料理のスタンドの前で、何か直感的に美味しい予感(センサー?)が働き、イタリア男(店員さん)の勧誘にも後押しされ、イタリア料理のスタンドに決定。

結論は、

悔いなし。の一言。
ジェノベーゼパスタと、トリュフ入りキノコリゾットを食べてみましたが、シンプルな味付けなのにとても美味しい!パスタの茹で加減と塩加減が絶妙で、パリのそこら辺で食べる本気でまずいのに高いパスタとは大違い!しかも安いし!!

店員さんもイタリア人、隣の席の人達もフランス在住のイタリア人の常連さん。何故かカタコトの日本語も混ざりつつイタリア男達と会話していると、フランスにいてるのにイタリアにいてるような陽気な気分に。

ひとつだけ難点をいえば、屋台ゆえ、パスタの冷める温度が早いこと。
屋台だからねぇ、仕方ないんだけど。

外が暖かくなってきたら、また是非食べに行きたいお気に入りアドレスです。

DSC05579

Marché des Enfants Rouges (マルシェ・デ・アンファン・ルージュ)
39, Rue de Bretagne 75003 Paris

営業時間:8:00〜20:30(日曜は8:30〜17:00)/ 月曜定休

 

Advertisements