天気が良かったこないだの日曜日。
家族でパリをぶらぶら散策していたら、お気に入りのカフェ Maison Bastille で可愛らしい子供服のブランドを見つけました。
2日間限定でカフェ内で店頭販売していたそのブランド名は Nils & Happy to see you.
シンプル、ナチュラルで、全てフランス製の子供服は、お人形とその服も同じ生地で展開していて、お人形と、子供と、なんならママもみんなでお揃いの服が揃います。
フランスに住むまでは、子供が好きそうな派手な色使いの服を買う事が多かったのですが、シックなパリジェンヌママに感化され、最近はシンプルで流行りすたりがなく、色味がきれいだったり、肌触りや品質の良い服が気になります。

オーガニックのコットンやリネン製のチュニックやワンピースなど、シンプルなのに品があって、いかにもフランス製という感じで素敵!我が娘たちにもピンクじゃなく、こんな服をさらっと着せたいなぁ。
DSC01715

そしてこのブランドの心惹かれるのは、一体一体手作りのお人形たち。
その空気感、髪の毛の一本一本の風合い、小さな手編みのニットに、細部まで細かい小さなお人形たちの服!!フランスの職人さん達のその手仕事に脱帽です!
バービーにはない手作りのぬくもりがあって、かわいくってたまりません!
バレエと体操を習う我が娘たちにバレリーナのお人形を買ってあげたく、長い時間お人形と見つめ合うも、上の娘と下の娘に2体を買うには予算オーバーで今回は断念。大きいお人形も可愛いしなぁ。
娘たちよ、誕生日まで待っててね。

This slideshow requires JavaScript.

店内には他にもCousu de fil blancというブランドのフランス製の石鹸に旅行用アロマキャンドル、

DSC01721

木製の手作りオブジェやおもちゃ

DSC01724

リバティー生地を使った華奢な手作りアクセサリーなど

DSC01725

可愛らしいものがたくさんで、娘たちそっちのけで、ついつい見入ってしまいました。
で、気がつくと我が娘たち店内ですっかり座り込んで遊んでるし。。。
「どうもすみません!」とお店の人に謝りつつもその光景にほっこりし、横で写真を撮る母。お人形の着せ替えで遊んでさんざん散らかす娘たちを前に、「この光景を見るのが嬉しいわ。」とにっこり優しい笑顔を見せてくれたデザイナーさん。
時間の流れがゆるやかに流れるような、優しい気持ちになれるそんなブランドです。

DSC01730

店頭販売しているのはパリの Maison Bastille で春と冬の2回だけだそう。
普段はインターネットで購入できるようなので、要チェックです。

Nils & Happy to see you

 

 

 

Advertisements