フランスでも話題のグルテンフリー。パリジェンヌの義妹に教わったグルテンフリースイーツのレシピを子供たちの大好きなバナナ入りにアレンジしました。少しもっちりした食感、バナナのあま〜い香りにナッツの香ばしさ、小麦粉のケーキより口当たりが軽くって、あっというまに完食!グルテンフリーダイエット中でも、そうじゃなくってもオススメですよ。

材料 : 約8人分 (20x8x6cmパウンド型 )

卵 3個
砂糖 140g
米粉 60g
片栗粉(またはコーンスターチ)20g
アーモンドパウダー 70g
ベーキングパウダー 5g
植物油 大さじ4
無糖ヨーグルト 125g(1カップ)
バナナ 1本
ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、パンプキンシードなど)適量

作り方

オーブンを170度に予熱する。

ボウルに卵をとき、植物油、ヨーグルトと液体の材料から泡立て器で混ぜ合わせる。
粉類(米粉、片栗粉、アーモンドパウダー、ベーキングパウダー)を足し、よく混ぜわせる。
生地がよく混ざればバナナを入れ、泡立て器でバナナを軽く押し潰しながら生地に混ぜる。(少しバナナの塊が残った方が美味しいです。)

必要があれば、植物油と小麦粉をふった型に(シリコン型は不要)生地を注ぎ、好みの大きさに切り砕いたナッツ類を生地の上に散らし170度に予熱したオーブンで約30〜40分焼く。(焼き加減はオーブンの火力や型によるので調整してください。小麦粉の生地より焦げやすいので要注意です。)

おまけ

そもそもグルテンフリーってなに?という方に

グルテン (gluten) は、小麦、大麦、ライ麦などから生成されるたんぱく質の一種。このたんぱく質に含まれているグリアジンという成分に小腸が過敏に反応して消化不良になり、お腹の張り、吐き気や痛み、腸疾患を患う可能性があります。

このように、グルテンに過剰に反応してしまう体質のことを、グルテンアレルギーやグルテン過敏症、グルテン不耐性といいます。
また、セリアック病という、小腸に炎症が起こることで体に必要な食べ物の栄養分を吸収することができなくなる病気が起こってしまう人もいます。
このようなアレルギーの予防改善をするために考案された食事療法がグルテンフリー(グルテンフリーダイエット)です。

ところが近年、特にグルテンによるアレルギーがない人々も、この療法をとり入れたところ、疲れやすいとか、頭痛、腹痛、吐き気、息切れに不眠など、何となく具合が悪いという不調が改善されたというクチコミが広まり、美や健康への意識が高い人々に支持されはじめています。

Advertisements